忍者ブログ

やまだい319 -山口大学サイクリング部-

山口大学サイクリング部のHPです

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山陰班の記録 その1

山陰探偵団〜本当に最過疎なのか?〜班の旅の記録をつらつらと書いていこうと思います。

メンバーは、江頭、ハチ、たなちゅーの三人です。
それぞれ自転車が、MTB、ランドナー、クロスバイクと、全員違うタイヤ径^q^
…でしたが、
大きなメカトラもなくゴール出来て、本当に良かったです。

それでは一日目から!

〜1日目 山口→津和野〜
合宿初日にして大雨\(^o^)/
地獄の4日間のはじまりでした……

OBさんや部員たちから「津和野越えが一番しんどいと思う」と言われていましたが、
いやもうしんどいというかぶっちゃけ記憶ないです。
山自体もさることながら、雨で体温と視界が奪われ、……なんかもう。

トンネル入るたびに「雨宿りだー!」とかハチが叫んでた記憶しかないです。

しかしなんとか辿りついた津和野!
念願の太鼓谷稲荷神社へ!

すごい数の鳥居と灯籠です。靄がかかって幻想的でした。雨のおかげで朱色が映えます。
津和野の出入り口に立っている大鳥居もすごかったですね。

津和野からしばらく走って枕瀬山キャンプ場で一泊。大雨のため、バンガロー泊となりました。




〜2日目 津和野→浜田〜
この日も雨^q^大雨^q^
親切な管理人さんに見送られてバンガローを後にし、目指すは浜田。

個人的には、津和野から浜田への道が一番しんどかったです…。アップダウンが多いんです…。
「下りだー!」とか言ってはしゃいだあとに
「のぼりが見えるぅうううう」みたいなやりとりを何度したことか。

三隅の道の駅で食べた海鮮丼がおいしかったです。しかも安い。 

これで、800円なんだぜ…?

おまけ

藤川くんからの差し入れ・ミロを作るの図
うまかったです、ありがとう


道の悪さと大雨のせいで、思った以上に時間がかかり、行くつもりだった水族館は断念。明日行こう、ということになりました。

浜田の海浜公園にて、日本海の波音を聞きながら就寝。


〜3日目 浜田→多伎〜
テントを叩く雨音で起床^q^
それでも気持ちを切り替えました。だって、今日は水族館。水族館に行ける日。シロイルカのバブルリングを観るんだ!わくわく!というテンションでした、私は。
というわけで、
島根を代表する水族館、AQUASに向かって出発!

そして、

我々の目に入ったのは、


休 館 日
※定休:火曜日

って休みかよ
休みかよ!!!!!!!

結局この後、雨脚がかなり強まりまして、温泉津という駅からキャンプ場までの最寄り駅まで輪行することとなりました。この日の疲労感ははんぱなかったですね。

ここで問題発生。この日、オートキャンプ場を予約してしまっていたのです。
この雨で野外泊は無理だと判断。キャンセル料払う覚悟でキャンプ場に連絡。
キャンセル料はかからないとのことでしたが、
職員さん「今バンガローがいっぱいでして…コテージでしたらお取りできるのですが…」

とにかく屋根の下で寝たいという一心でコテージを予約。

そしてこのコテージがとんでもなかった。
暖房、IH調理器、鍋に皿に調理器具、お風呂まで完備。もはや家。

暖房ガンガンに効かせてテントを干すの図。
部屋も複数あったのでこんなことが出来たのです。

この日の晩ご飯はパエリア!

合宿飯とはなんだったのか。

※普通の合宿じゃこんなごはん食べれません!


この日はお布団で就寝。快適でした!

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

[04/12 あさ野ホテル]
[06/25 nyo]
[11/04 たなか]
[11/02 NONAME]
[04/11 Thomashown]

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
山口大学サイクリング部
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

Copyright ©  -- やまだい319 -山口大学サイクリング部- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]