忍者ブログ

やまだい319 -山口大学サイクリング部-

山口大学サイクリング部のHPです

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リベンジ屋久島班 4日目 縄文杉編

日は今合宿メインイベントの縄文杉(サイクリングじゃないけど)です。今日も晴れ!歩くぶんにはたいへんありがたいです。


眠い中朝4時に起きバスに乗ります。屋久杉センターで荒川登山口までのバスに乗り換えるのですが、すごい人の数。さすがは世界遺産です。春休みだったので子供連れの家族もたくさんいました。

まだ暗いです。

そこで待ち続け、バスに乗り込み、登山口についたころには6時ごろでした。せっかく準備したライトは特に使うこともなく山歩き開始です。


今日歩いたコースは片道11kmと結構な距離です。最初はトロッコ道と言って線路の上を歩きました。昭和時代に杉の木を切っていたころに木を運ぶのに使っていたようですね。


線路です。

これが枕木がそこそこの高さはあるので地味に歩きづらい。好きな歩幅をとるか安定した足裏を取るかですね。正直下ばかり見て歩いてました。坂ではないけれどもきつかったです。

やがて線路も消え、山に入る前の最後の休憩ポイントへ。


そこから本格的に山に入っていきます。階段や岩などの上を歩くのですが、きれいに整備されていてこれは無理だろってところなどもなく安全に歩くことができました。実際足の置場が作ってないと無理そうな場所もいくつかありました。屋久島険しい。


このコースは縄文杉まで行って同じ道を引き返すようになっているのですが途中にもいろいろ見所があります。私はその中でもウィルソン株が一番好きでした。

調査をしたウィルソン博士にちなんで名づけられた切り株でかなり大きいです。中が空洞になっており入ることができます。

ほかの大きな巨木は根の保護などのためにすぐ近くまで寄ることができなかったんですよね。そんな中ウィルソン株は近くでその大きさを実感することができ良かったです。

中には祠があります。うわさのハートも撮ってきました。

さらに山を登り縄文杉到着。でかいですねー。格が違います。縄文杉が見れて大変満足です。

記念写真。
 
帰りの道のりはきつかった。バスに間に合わそうとすごい速さで歩きました。これは観光ではなく練習ですね。努力のかいあり無事3時ごろには帰宅。
 


とにかくたくさん歩いた1日でした。
 
そしてこの日はこれで終わりでなく今から次の宿泊地まで移動です。宿のおばちゃんに挨拶をして自転車で移動。

自転車は濡れないようにこんな感じで置かしてもらっていました。ありがとうございます。

安房から尾之間まではおよそ15km。
 
途中トローキの滝によりました。海に直接そそぐ滝はかなり珍しいようですよ。

そしてたどり着いたのが尾之間のペンション。どうやらここも去年何かしらあった場所のようですね。まあ今年は店でから揚げ定食食べましたが。おいしい!


再現画像。

地元の温泉にも行きました。300円。安い。いい雰囲気の温泉でした。


温泉。

明日に備えて早めに就寝。疲れたけれども充実した1日でした。

一言:山口にも平川の大杉というものがあります。まあ、行ってみてください。

おわり

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

[04/12 あさ野ホテル]
[06/25 nyo]
[11/04 たなか]
[11/02 NONAME]
[04/11 Thomashown]

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
山口大学サイクリング部
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

Copyright ©  -- やまだい319 -山口大学サイクリング部- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]